そして、その後。

大変ご無沙汰してしまいました。
この1年間、月に一回更新するかしないかの状態で、
それでも見に来て下さっている方々がいらっしゃる事に感謝。と、お詫びの気持ち。
一時に比べるとアクセス数も随分と減ってしまって、
それは更新頻度の低さと、内容が変わって来た、という理由もあると思いますが。

ここのところ、ちょっと気分が落ち込み気味で、ブログ更新やHP自体を向上していく
意欲も無ければやる気も無かったのですけれど、
まあ、いつまでも地面に穴掘ってばかりいても仕方ないじゃないか!
久々に落ちるところまで落ちてしまったような気がするので、
そろそろ上向いて行こうかと思います。
それでも、時々はブログの更新が滞ってしまう時があるかもしれませんが、
そういう時はネタが無いか、忙しいか、また穴堀り始めているか、
3つに1つの理由だと思いますので、皆さん、もし気が向けば、
金魚に餌でもあげる気分でパラパラと上から何か振りかけて頂くと
もしかしたら美味しいご飯!?目指してポワ〜ンと浮上してくると思いますので、
これからも「いも成長記」をどうぞよろしくお願いします。

で、
前回の続き。
続きにしてしまって更に1ヶ月も間を開けてしまってもうネタに勢いがありません。
そう、オゼ朗君の3階からの落下事故。
落ちた!と分かった瞬間「オゼが死んだらどうしよう!」って泣きそうになったのですが
私の呼び声に直ぐにオゼ朗の鳴き声が返ってきたのです。
で、下をのぞき込むと動くオゼの姿を確認できた。
どこか打撲しているかもしれないけれど瀕死の状態ではない事が確認できたので
次はできるだけはやく、オゼを救出せねばなるまい!

で、
そのオゼが落ちた1階の箱庭部分にお邪魔するには、
そこの住人にお伺いを立てなくてはなりませぬ。
が、その1階部分は不動産が売りに出していて誰も住んではおらぬのだった。。
んがっ、その1階の元住人が現在は4階に引っ越しているので、
どうか元住居(1階)のドアの鍵をまだ持っていてくれていますように、、と祈りつつ
4階のそのお宅のベルを押しに行き、しかし押せども押せども反応は無く。。

最上階にうちの建物のドンみたいな人が住んでいるので、そちらへ方向転換して、
猫が落ちちゃって〜、、4階の人が多分鍵を持っていると思うんですけど〜、、
4階の人お留守みたいで〜、、、いや、もしかしたらまだ寝てらっしゃるのかしら〜、、、
と、聞いてみたところ、


4階の人、バカンスで中国へ旅行中で2週間ほど帰って来ないよ。


とのお返事でありました。

わーーーい。(大泣き)

でもでも、ドンは(態度は素っ気ないながらも、、)不動産の電話番号と、
中国旅行中4階住人の娘さんの携帯電話の番号をメモして渡してくれたのでした。
ありがとう。どうも親切にしてくれて。
でも、でも、、どっちの電話番号も、きっと役に立たない、、、
というのは、時間がまだ朝の8時前だったので、不動産はまだ始業していないし、、
連絡が取れたとしてもわざわざ他人の猫の為だけに車飛ばして鍵を持って来て
くれるとは思えないし、、私が出向く(もちろん自転車ですよ)には遠すぎるし、、
娘さんもきっと不動産と変わりない対応になるだろう、、、

どうしたらいいんだろう、、こういう時って救急車なのかな警察なのかな
ステは既に出勤で家を出ていて、一応は「助けて〜。」と電話をしてみたけれど
「僕には何も出来ない。」と、ピシャッと言われてしまい、、
(ヒドイ!!と思ったけれど確かに彼には何も出来ない。)

まあ、結局、この国で、周りから優しく差し伸べて欲しい手を期待してはいけないのだ。。
(事故って救急車で運ばれた時、直ぐに処置もしてもらえなくて誰も居なくなった部屋で
「すみませ〜ん誰か〜!」「痛いんですけど〜!」「一応急患なんですけど〜!」「誰か来て〜!」
って病院内で叫んでも、誰も来なかったよ。。。っていうのはまあ余談ですけど。)


いいの、自分で何とかするから。どうせ最初からそのつもりだったし。
表から入れないのなら裏から入ればいいのさ。
猫カゴと靴を持って、寝室へ行き、寝室の窓からハシゴを使って1階部分の屋根に降り、
そこから2mほど下の30cm幅ほどの垣根に飛び降り、
お尻がもう少し大きかったら無理だった柵をくぐり抜け、
そこからまた2m下にジャ〜ンプして、いも、1階箱庭に不法侵入無事到着。
そしてオゼ朗を無事に確保。
帰りは上の逆方向に戻って来て、いももオゼ朗も何とか無事帰宅。
柵をくぐる時にお土産がくっついて来たみたいで、
後で服に青虫が2匹くっついているのを発見してギャオー!ってびっくりしたけれど
何より、オゼは無傷の状態で戻って来ました〜。

飼い猫、飼い犬の起こす全ての事は飼い主の責任だと思うので、
今回の事もテラスの網の強度とかちゃんと確認していなかった飼い主の監督不行き届き。
猫は建物の3階くらいの高さくらいからだと落下中に体勢を整えて無事着地できる
っていうのは以前に何かで読んだか観たかしてたのだけれど、
落下中にどこかの突起物とかで強打したりとか、うちの建物の構造上そういうことも
有り得たので、オゼ朗に怪我が無くて本当に幸いでした。

長くなりましたが、ここまで読んでくれてありがとう。
そんなオゼ朗も、もう生後5ヶ月。
既に手足のサイズは成猫のウフォリの2倍はあるし
男の子だからどんどんこれから大きくなりますよ〜。
ウフォ、フィオ、オゼの写真もどんどんUPしていきますよ。


b0115074_21491791.jpg
フィオ「オゼ君、ここから落ちたんか〜?」
オゼ朗「んー、まーねー。」
[PR]
# by imo_verm | 2007-10-18 21:58 | オゼロットのこと

墜落→不法侵入!?

公園や街路樹の葉も色づいてきました。
先週、ウフォリとフィオーレを獣医さんの所へ連れて行って来ました。
フィオーレ、心臓の薬を3週間前からあげているのですけれど、
最初は最小限の量から始めましょうということだったのですが、
最小限の量では効果が出なかったようで、お薬増加となりました。
獣医さん曰く「心拍数120〜130が標準なんだけど。。。」
フィオーレの心拍数、52でしたよ。びっくり。
でも専門医さんに診てもらった時に説明してもらった事を信じて、長い目でみて
治して行きましょう。おー。

ウフォリは、少し声が戻って来ました。
先週の時点ではまだ熱があって、熱ってしんどいじゃないですか。
人間でも少しでも熱あるとダル〜ってなるのに、ウフォリ、もう2ヶ月近くもずっと
熱持ちで、解熱剤の注射してもらって、抗生物質もらって来ました。
血液検査は全く異常なしだったらしく、この抗生物質が効かなかったら
大きな病院で精密検査になるとのことでありました。
抗生物質あげて5日ほどですが、少し元気になってきた様子。効いているのかな。
でも精密検査、受けさせようと思っています。

そんでもって、いもは今週初っ端に一晩だけ熱出して、
翌日から首が回らなくなってしまいまひた。あらまどうして。
朝、ベッドから起き上がれないですよ。寝返りも打てなくて激痛。。あうー。
痛くて吐き気伴いながらお仕事お仕事。
原因は、何となく分かっているような。
数年前にも突然痛みが走って左脚機能不能になっているのですけど、
その時と同じような気がしまする。ちょっと疲れてるのよ。
でも大丈夫。明日はガールズトーク二連発なのだ。
毒は吐き出さないと。女友達と思いっきり喋って楽しく過ごしてきます。

で、ここからやっと本編。

我が家は日本でいう9階建て住宅の3階に住んでいるのですが、
台所の横に小さなテラスがあって、テラスの真下が1階の人のお庭なのです。
我が家のテラスには犬猫墜落防止の為に網を張ってあるのですよ。
その網、もしかしたら無い方が良いのかもしれない、
オゼロット(幼少期のウフォリもしかり)が網を登る。
そして今朝、網が外れた。

オゼロット、3階から落下。。。

「ドスッ」という音が聞こえて、ウフォリが何か言いたげに私の所へ来たので
まさかなハハハと思ってテラスに出てみると、フィオーレが下をのぞき込んでいて。。

と、ここまで書いて疲れて来たのでもう寝ることにします。
続きはまた次回。おやすみ。
[PR]
# by imo_verm | 2007-09-14 03:06 | その他

もう、戻れない、、、?

めっきり秋めいてきましたベルギー、アントワープ。
皆様、如何お過ごし。
更新がまともに続かなくてゴメンなちゃい。
いもは最近なんだかいろいろお忙しなのよ。

本日は朝からウフォリとフィオーレを伴って
かかりつけの獣医さんの所へ行ってきましたの。
ここ数ヶ月の間、何かと獣医さんの所へ駆け込む事が多くて、
これもまたいもの心労の元でありまする。

ずっとお世話になっている獣医さん、大きな病院じゃなくて、開業医なんだけど、
2週間の夏休み休暇を終えて今週戻って来ているはず。
が、待合室に呼びに来てくれたのは獣医さん休暇中の留守番役の
若い獣医さん(研修医さんかも?)でした。
あーわーどうしよう。。断って帰ろうかな。。。と思いつつ、一応診察室へ。
ウフォリとフィオーレの症状を話すと若い獣医さんはファイルを一生懸命にめくって
患者リストを探しているみたいなんだけど、診察情報は紙じゃなくてPCのファイルの
中のはずなのだ。。
「出直した方が、、良いでしょう、、、かね?」(←出直したい)
と、一応提案してみた。
が、何とかしようとしている若い獣医さんを傷つけるのもいかんだろうと思ったので
様子を伺っていたのだけど、やっぱりお断りすることにしましたよ。
予防接種とかだったら問題無かったのだけどね。

ウフォリは声が出なくなってしまって、原因不明の熱がずっと続いてるのです。
お薬も何種類か出してもらったけれど全く効果なしで。
血液検査の結果次第でこれからどう治療するか決めなくちゃいけないのです。

フィオーレは子犬の頃から「心拍速度遅すぎ!!」って言われていて、
でも目に見える症状として出ていなかったから様子見状態だったのだけれど
1ヶ月前の予防接種の際に、一度、心臓の専門医に診てもらったほうがいいと
言われたので、紹介してもらった専門医さんに診てもらったのです。
そしたら、このまま放置しておくと数年後にはペースメーカーが必要になるかもって
言われて、「こんな小さな身体に、、ぺ、ぺ、ぺ、ペースメーカー、、、、」って
私はその場でパタリと倒れそうになってしまいましたのよ。
そうなることを避ける処置として、毎日8時間おきにお薬あげてます。
「お薬よ〜。」と呼ぶと、フィオーレはトコトコと自ら台所までやって来てくれるので、
お薬大嫌い子のウフォリを追い掛け回し押さえつけ、、と比べるとかなり楽。

まあ、そんなこんなで今までの経過がわかっているいつもの獣医さんに
診てもらった方が皆にとって安心なのだ。




ああ、そういえば。
我が家には治療もされずに放置されている可哀相な子がおります。


無惨な姿になってしまったVAIO君。
b0115074_20303133.jpg
私は機械全般の扱いが丁寧ではないので、
蓋となるモニター部分をガバッと開け、、バコンッと閉め続けた4年間。
そんなラップトップの成れの果て。
ま、でも壊れているのは外観だけで中身は大丈夫よ。
MacとWindowsの両方があるのはなかなか良いよ。

b0115074_20514648.jpgモニター子ちゃん「私達、もうあの頃には戻れないのね。。」
キーボード君「僕達の中で、何かが壊れてしまったんだよ。。。」
分かる人にしか分からないかも自虐ネタ。
[PR]
# by imo_verm | 2007-09-04 14:12 | その他

帰り重かったけどな。

夏が戻って来ましたアントワープ、ベルギー。
洗濯物が臭いを放つ前にカラリと乾くのは気持ちよかですたい。
ご近所中から洗濯機を回す音が聞こえてきますよ。

3〜4日前の晩ご飯、ミートソースのスパゲッティ。
ぼーっと食べていた私の目の中に、跳ねたミートソースがー。わーい。
ミートソースが目に入るって初めての経験だったのですけれど
なかなか不愉快でしたよ。

糠漬けが食べたいのですが百歩譲って、日本食材店で「エバラ浅漬けのもと」を
買って来ました。ペットボトルに入っているアレです。
そのペットボトルを冷蔵庫に入れておいたのですが、
数日後に台所から旦那クンの叫び声が。。。
飲みはったよ。。浅漬けのもと。。。リンゴジュースか何かと間違えて。。。
騒ぐ旦那クンを前に冷静いもでしたが、まあ、毒じゃないからね!

さてさて、そんなこともありました。
昨日の土曜日は週末市場へ買い出しへ行って来ましたよ。
それがね、奥さん。とっても良い買い物をした気がするの。
以下、収穫。


じゃーん。
b0115074_2116892.jpgお野菜全部で8ユーロ!今、円安ユーロ高だから日本円にすると千三百円程になってしまうけれど、まあ円安じゃないとして千円出しておつりがくると思って下さいよ。プチトマト1kgありますの。80円/kgくらいだったかな。いんげん豆は最初300gだけ買うつもりが、お店の人が「それじゃおまけつけられないよー。」って言うので500gにしたら会計の後に「はい、じゃあおまけ!」って更に500gドンッ!いんげん豆1kgになったー!トマトもいんげんも1kgなんてどうやって消費するのですか。

b0115074_21373660.jpgあと、果物が欲しかったのでスイカ。と、ほうれん草入りとイカ墨入りの手作りパスタ。乾燥ヒヨコ豆。

b0115074_21523177.jpgおやつ。トルコ菓子。



そんなこんなの昨日の晩ご飯。
b0115074_21564326.jpg

餃子、わかめと玉子のスープ、「エバラ浅漬けのもと」で漬けた浅漬け、
もやしと春雨のピリ辛炒め、インゲンのおひたし(黒ごま)。
餃子、ベルギーへ来て初めて作りました。
(日本でも作っていたのは私ではなく母ですが。。)
私的にはもやしと春雨が昨日のヒットでしたな。
b0115074_223537.jpg

[PR]
# by imo_verm | 2007-08-05 15:15 | 家ごはん

ズッキーニのケーキ

日本の実家から救援物資が届きました。

b0115074_541693.jpgおかき系から食べ始めています。いもけんぴは美味しそうなので後回し。パイの実も何かの特別な日にかなー。二箱あるから一箱目は気兼ね無くたべられそうですな。アンメルツ、最近蚊に刺されないのでとりあえず肩こり処置に塗ってみました。父母姉、いつもありがとん。


先週末、ステと一緒に久方ぶりにマルガリータの家へ行って来ました。
マルガリータは元々アカデミーでモデルさんをしていたのですが、
体調を崩してからもう5年程になるけれど随分と年をとってしまった感じがします。
いや私も年をとりましたが。。
でもでも、私の中でいつまでも「美しい人」でありつづけるマルガリータ。
手作りのズッキーニのケーキを出してくれました。
b0115074_5494191.jpg

オレンジピールとシナモンの香りがしてとても美味しかった。
小さく見えている緑色がズッキーニの皮ですよ。

ステはセミナーという名のヴァケーションで現在スペイン滞在中。
私はウフォリとオゼロットにお薬をあげなくてはいけなかったのと、
オゼの2回目の予防接種が今週中なので旅行出来ません。
ステが戻った後に1泊か2泊でもふらっと一人旅したいですわん。
[PR]
# by imo_verm | 2007-07-24 23:11 | 外ごはん