8月6日

2年振りに更新してみる。

広島に原子爆弾が投下されてから65年。
私は未だ、毎日を無駄に生きていた。

最近は、お肉が食べられなくなってしまって、
食事の選択範囲が狭くなった。

耳を塞いで、目を閉じて、何も考えない。
楽でいいけど、
このまま人生終わるとしたら、
死ぬ間際でやっと後悔するんだろうな。

*****
今まで出席を見送っていた国からの参列もあり、
ひとつでも多くの国に、
ひとりでも多くの人に、
過去の悲惨な過ちと、
今も続く、未来に起こりうるかもしれない
それ以上の恐ろしさを、
今の人間として考える責任と義務があると思う。
[PR]
# by imo_verm | 2010-08-06 07:45

63年前。

8月6日。広島に原子爆弾が投下された日。


小学校の修学旅行で初めて訪れた広島
大人になったら役に立てる事をしたいと
けれど化学の道を進み続ける事無く
慈善活動を続ける事無く
いつの間にか日本を離れて何をやってんだか
だけれど思い出さない夏は無く

暴走を続ける人類に
私一人が出来る事なんてたかが知れていて
せめて自分を囲む命達を
ひとつたりとも無駄にすること無く
自分が今生かされている事に感謝して

限られた時間
大切にするべきは何なのか
成すべきものは何なのか

命はその数で価値が量られるべきものでは無く
1が10000になっても
10000が1だったとしても
犠牲となった全ての方々に
祈りを

安らかに
[PR]
# by imo_verm | 2008-08-06 08:06 | 日本のこと

抹茶とかアズキとか

体調あまり芳しくなく、
気分のUp Downも激しい今日この頃。
ベルギーの空を覆う低気圧に押しつぶされて、
流れる雨水と共に地中へ沈み込んで行きそうな。
せめて下水管ではなく。

そんな、いもですが、皆様は如何お過ごしでしょうか。
日本は梅雨?入りましたか?
ベルギー、真夏な日々が過ぎ、秋の気配を感じた5月が終わり、
梅雨な日々。元気だせー!!

4年前に日本帰国した際に食べ損なったハーゲンダッツの日本シリーズ。
抹茶とかアズキとか、そういう類の。
この4月に帰国した際もスーパーやコンビニでハーゲンダッツを
物色する度に、「今日はシュークリームがあるから」とか、
「今日は桜餅があるから」とか、延ばし延ばしにしていたならば、
やっぱり食べ損なって、それに気づいたのがフィンランド航空で
戻って来たヘルシンキに着いてからだった。
せめてどうして関空で気づけなかったのか。
思い出しては悔やむばかり。

今回、始めて「冷凍して」物資を運ぶ事に挑戦してみましたの。
日本を発つ日の朝に冷凍庫から取り出してスーツケースに収めれば
ベルギーの家に着く頃には良い感じに解凍済みを期待して。
そんなわけで、鯵の開き、551蓬萊の豚まん、
御座候(関西圏で有名な今川焼のお店)の回転焼きを
無事にベルギー輸入成功。
でも、アイスクリームは持って来て貰うにも送って貰うにも無理だ。。
551蓬萊の豚まんは、ステ夫が「美味しいねー」と大層気に入ったみたいだった。

前回に引き続き、2回目利用のフィンランド航空。
b0115074_4252114.jpg


欧州日本間を他社便比較の最短飛行時間で飛ぶのが魅力なものの、
毎日飛んでる関空便に最新機材を導入していないのがいただけない。
食事は可もなく不可もなく。↓関空発一食目の昼食パスタ。
b0115074_424053.jpg


二食目。夕食の親子丼。ビールを飲んでなんとか寝ようとした。
b0115074_424471.jpg


いもが日本から戻った翌日のウフォリ。まだ怒ってた。
b0115074_4255043.jpg

[PR]
# by imo_verm | 2008-06-06 04:47 | 日本のこと

夏が来た。暑い。でも近い内また冬になるにきまってる。

あいやー、これまた2ヶ月ぶりの更新になってしまいました。
アクセス数はもう随分と減ってしまいましたが、
それでも!更新が2ヶ月無くても!見に来て下さっている方々が
いらっしゃることに、本当に感謝と、申し訳なく思っております。

毎回、言い訳から始まって、ごめんね。
「いも日記」含め、「いも成長記」の方向性がなかなかに掴めず、
続けては行きたいのだけれど、学校を卒業した後、結婚、就職してからは
メインテーマとするものが明確でなく。
いっそ、猫2匹犬1匹をメインに持って来た方が更新し易いのかなー。
と、考えたりしておりますの。

で、この2ヶ月間の間に何をしていたかと言いますと、
ちょっと長期で日本に帰っておりました。
4年ぶり!!の奈良の実家で毎日、(黙っててもでてくる!)母のご飯と
日本での外食に、にんまり、しておりましたの。
ちょっと目的あっての帰国だったので毎日が忙しく、
友達に会ったりとか、どこかに出掛けたりとかは出来なかったのですけれどね。

3月の末から4月の末まで、3週間弱の日本滞在だったのですが、
ウフォリは2週間以上の、いも不在は始めてで、
フィオーレとオゼ朗は、いもの居ない生活初体験。

オゼ朗は未だ1歳満たず、モリモリ成長中の男の子で
3週間、離れてるとどれだけ大きくなっているだろうかと
楽しみにしていましたが、
久々に会ったオゼ朗、



「どすこい。」おっさんになってた。
b0115074_3335723.jpg




まだ、子猫のはずなのに。
毛並みや、大きさ、性格を調べてみると、
どうやら、ノルウェージャン フォレストキャットの純血腫か
もしくはかなり血を濃く受け継いでいるであろうということで
夫と意見が一致。
それが確かならば、2〜3年掛けて10kg以上の巨猫になるかもしれないって!
1歳未満で既に5kgはあるようなので、10kgなんて直ぐそこだろう。。
デブかというと、そうではなくて、触ると筋肉モリモリなの。

10ヶ月前はこんな状態で↓フィオーレがオゼ朗の躾け係をしていた頃。
b0115074_3541812.jpg



おかげで、オゼ朗は遊びで噛み付く力加減がちゃんと出来て(というか、噛まない)
引っ掻いたりしない子に育ったのだけれど、
(ウフォリにはその躾けが出来ていない。。)
オゼ朗は今はもうフィオーレのほぼ2倍の体格になり、
犬が猫に喰われやしないか、心配だ。
[PR]
# by imo_verm | 2008-05-13 04:07 | オゼロットのこと

お久しぶり。

 口は もっと 耳を怖れなくてはいけない
 口は もっと よどまなくてはならない
 
 相手の耳の奥には こころというものがあって
 こころは しっかりと 口を見つめているのだから
 
 耳は いつも 目覚めていなくてはならない
 耳は いつも 待っていなくてはいけない
 
 相手の口の先には いつも強風が吹いていて
 どんなでたらめが 混じりこむか わからないのだから
 
-------
以上、コピーライター糸井重里氏のサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」より抜粋。
ちょっと心に響いたもので。


1ヶ月半のご無沙汰となってしまいました。
もし更新を待って下さっている方がいらっしゃるのであれば申し訳ない。
多忙にてなかなかブログ更新にまで手が伸びない日々。
更新が開く度に毎回同じようなこと書いておりますが。
一時は「当分更新お休み」のお知らせを書こうかとも思っていましたが
天の邪鬼な性格なので逆に「お休み」しないだろうなと思って。
当分は、ぽつり、ぽつり、な更新になることをご理解頂きたく。

フィオーレ(毛が伸びる犬)がまた熊五郎みたいにモサモサになってまいりました。
実はお店のトリミングに出したのは過去に1回だけで、基本的に私が好きで家で
トリミングしていて、熊五郎犬を見るとムラムラ、、、短くしたい欲がムラムラ。
でも短くするとやっぱり寒いのかな?と思って今ちょっと様子見中。
だって、昨晩と今日のベルギーは雪とヒョウが降ったよ。

フィオーレは2月7日に3歳になりました。
[PR]
# by imo_verm | 2008-03-05 08:07 | その他